爆笑問題田中 2019年秋の天皇賞



爆笑問題田中 2019年秋の天皇賞

まずは先週の武豊騎手、菊花賞制覇の祝福から!!!
昭和、平成、令和、3元号でのG1制覇!!!
やはりレジェンドですね。

今週は天皇陛下の「即位の礼」もあり重みを感じる。

今回はG1馬が10頭参戦する中でも別格扱いされている
アーモンドアイ、サートゥルナーリアの2頭。
「より強い」と思う馬券で全力で声援を送るのが
今年の秋の天皇賞の正しい楽しみ方と言えるかも知れないが・・・。

しかし穴党は「豪華メンバーが集った中で、この馬が勝っちゃうの?」的な
大胆なシナリオを描きたい。

手っ取り早い波乱のシナリオは「逃げ馬の粘り込み」
アエロリットは「2強」も粘り込みを警戒して、ある程度の位置を取る
競馬をすると思う。
秋の天皇賞は逃げ馬が残れない傾向にある。
過去10年で逃げ馬が馬券に絡んだのは昨年のキセキのみ(10年で)

波乱があるとすれば、直線まで死んだフリが出来る気楽な立場の
馬の追い込みがはまる。

◎ユーキャンスマイル
バリバリのステイヤー路線を歩んできた馬
天皇賞秋では「スピード不足」と軽視されそうなタイプ。

ユーキャンスマイルは基本的にはスタミナ型。
スピードをより求められるレースでは、一位置取りも自然に下がり
前掛かりが予想されるレースではある程度置かれる方が
むしろハマりやすい。

◎ ⑥ユーキャンスマイル 岩田康騎手
◯ ①アーモンドアイ   ルメール騎手
▲ ⑩サートゥルナーリア スミヨン騎手
△ ⑨ダノンプレミアム  川田騎手
△ ④スワーヴリチャード 横山典騎手
△ ①カデナ       藤岡佑騎手
△ ⑧マカヒキ      武豊騎手

買い目
3連単1頭軸マルチ
⑥-①②④⑧⑨⑩ 90点

このような感じで予想されています。
内容は抜粋していますので若干ニュアンスが変わっている
こともあります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)