アンカツ 2019年エリザベス女王杯の予想



アンカツ 2019年エリザベス女王杯の予想

ダイワスカーレットでエリザベス女王杯を制覇している
アンカツこと。安藤勝己元騎手の予想です。

まずは印から
◎ ⑧クロノジェネシス
◯ ⑪ラヴズオンリーユー
▲ ⑯スカーレットカラー
☆ ⑥クロコスミア
△ ②ラッキーライラック
△ ④ウラヌスチャーム
△ ⑮ミスマンマミーア

印象としては上位3頭は無難といった印象です。

ではアンカツさんのコメントはと言うと
(一部表現を変えています)

エリザベス女王杯、最強牝馬決定戦。
しかし、アーモンドアイをはじめ、超一線級の古馬がこぞって別路線へ
少し寂しい感じがします。

超一線級が出馬しないとなると、注目すべきは必然的に3歳馬。
その中でも無敗でオークスを制した、オークス馬ラヴズオンリーユーと
秋華賞でG1を勝ち取ったクロノジェネシス。
一騎討ちまであり得ると見ている様子。

この2頭を比較すると、絶対能力ではラヴズオンリーユー。
オークスであの届きそうもない位置から差し切りを決めたのは只者ではないと見ている。

とはいえ、どうしても秋華賞に間に合わず、エリザベス女王杯に
復帰がズレ込んだ経緯は気になる。
とコメントされているが、もともとは秋華賞⇒エリザベス女王杯と言う
ローテを予想していたのか?
それとも多のレース⇒エリザベス女王杯と見ていたのか?
度のよいうに陣営サイドは見ていたのでしょう以下?

ラブズオンリーユーの5連勝含みの対抗に止めて、
アンカツさんは安定度のクロノジェネシスが本命。

距離延長で折り合いは気になるところやけど、
今度は友一も気楽に乗れる心理状態。20キロ増を一度使って、
状態面は今回がピークでしょ。

割って入る可能性を探れば、末脚は2頭と双璧のスカーレットカラーが単穴。
(前走の末脚はすごかった)
2200mは初めてになるけど、同じ京都外回りの4走前が強かった。
当時とは体質面の強さも違っとるし、あとはどこまでペースが流れてくれるか。

2年連続2着とこのレースで走るクロコスミアも怖い。

今年も逃げるのに絶好の枠の並びで、同型も外枠を引いてくれたから。

スカーレットカラーと一緒に来る展開は考えにくいけど、
圏内に残る可能性は結構あると思う。

スミヨンを乗せていかにも勝負のラッキーライラックは古馬勢の大将格。
妙味という意味でこの印やけど、やっぱりねというシーンがあって然るべき。

こっちも腕達者のマーフィーが乗るウラヌスチャーム、
格上挑戦で気楽に道中死んだふりができるミスマンマミーアも
距離適性から密かに気になっている。

このような感じにコメントをされています。

今週もうまんchu❤に出演をされており
同じ予想でしたのでアンカツさんについてはこちらを参考に(^^)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)