2019年 爆笑問題田中 有馬記念の予想



2019年 爆笑問題田中 有馬記念の予想

明日は有馬記念!!!
新聞を買いにって見てみると、裏表紙が田中さんの記事でした(^o^)
それで本命は⑦のワールドプレミアと!!!

近年の有馬は少し微妙と思っていた感があり、今年はと言うと
正真正銘、暮れの大一番感がすごいとの感想。

現役最強馬のアーモンドアイの参戦。
香港カップは発熱回避、初コース&初距離などは「絶対強者」
アーモンドアイにとっては些細なこととのこと。

が、その一方で「世相が反映される有馬」って言うノリも
定番化と言うかお約束かされている

と言うお約束で、今年は令和元年
令和をから、「レイ」デオロ&「ワ」ールドプレミアム
無理やり感満載ですが(^o^)
それにワールドは今年日本で開催されたラグビーのワールドカップ!!
ちなみに優勝した南アフリカ共和国の国旗の色合いが
大塚亮一オーナーの勝負服に似ている(^o^)

やっぱり「無理やり感」は感じているみたいですね(^_-)

今年の「競馬ファン」にとって1年を振り返り最も衝撃だったのが
ディープインパクトとキングカメハメハがこの世を去ったこと(T_T)
日本競馬を支えてきた偉大な種牡馬
ディープとキンカメの「追悼馬券」もあり得るかもしれない。

一方、「最近の有馬は3歳馬の割がいい」
出走率は低いが、過去10年で3歳馬が馬券に絡まなかったのは
2度しかない。
該当馬には注意が必要かも。

それと祭儀には騎手の事で、オグリ、ディープ、キタサンと
有馬で劇的な勝利を飾ってきた武豊騎手
メモリアルな「令和初の有馬」最も絵になるのは武豊では。

こんな感じでサイン馬券の該当率が高い上、ディープ産駒の3歳世代で
武豊が騎乗する””ワールドプレミア””を本命にしたようだ。

◎ワールドプレミアム
◯アーモンドアイ
▲サートゥルナーリア
△キセキ
△リスグラシュー
△フィエールマン
△レイデオロ

買い目 3連単マルチ
7-5.6.8.9.10.11

通常はここまでだがコメントに印を打ちたい馬がまだまだいるようで
◎から馬単&馬連で総流しでもしようかなって最後に書かれています。

今回はオカルト感が強いような印象ですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)